Just another WordPress site

型変換を行なう

2016.06.03

型変換を行なう プログラムを組む上で注意しなければならないことの一つとして型変換が挙げられます。 型変換は明示的に行う場合だけでなく暗黙的に行われる場合もあります。 C#では暗黙的な型変換はほとんど行われる…

詳細を見る

引数の数が変動するメソッドを作成する

2016.06.03

引数の数が変動するメソッドを作成する Paramsキーワードを使用することによって変動する引数を使用することができます。 [アクセス修飾子] void メソッド名(params データ型 値); […

詳細を見る

メソッドのオーバーロード

2016.06.03

メソッドのオーバーロード 引数の数や並び、データ型を変更することで同様の名称のメソッドでも異なる機能を持たせることをメソッドのオーバーロードと呼びます。 このオーバーロードを利用することでメソッドに多様性を持…

詳細を見る

書き込み用のテキストファイルを開く

2016.06.03

書き込み用のテキストファイルを開く FileクラスのOpenWriteメソッドまたはAppendTextメソッドを使用することでテキストファイルを書き込み専用で開くことができます。 System.IO…

詳細を見る

読み取り用のテキストファイルを開く

2016.06.03

読み取り用のテキストファイルを開く FileクラスのOpenReadメソッドまたはOpenTextメソッドを使用することでテキストファイルを読み取り専用で開くことができます。 System.IO.Fi…

詳細を見る

戻り値のあるメソッドを作成する

2016.06.03

戻り値のあるメソッドを作成する C#でメソッドを定義する場合、下記のように行います。 [アクセス修飾子] データ型 メソッド名(データ型 引数); 戻り値の型は指定したデータ型によって決定さ…

詳細を見る

メソッドを作成する

2016.06.03

メソッドを作成する C#でメソッドを定義する場合、下記のように行います。 [アクセス修飾子] void メソッド名(データ型 値); メソッドの引数は値渡しで行われます。 値渡しとは値をコ…

詳細を見る

配列の要素数を調べる

2016.06.03

配列の要素数を調べる ArrayクラスのLengthメソッドを使うことで配列の要素数を調べることが出来ます。 多次元配列の要素数を調べるにはGetLengthを使用します。 一次元配列 Array.Le…

詳細を見る

文字配列の要素を連結する

2016.06.03

文字配列の要素を連結する StringクラスのJoinメソッドを使うことで文字配列を指定文字で連結することが出来ます。 1.stringオブジェクトの生成 2.元となる文字列の指定 3.Joinメソッ…

詳細を見る

文字列に指定した文字列を挿入する

2016.06.03

文字列に指定した文字列を挿入する StringクラスのInsertメソッドを使うことで文字列へ指定した文字列を挿入することが出来ます。 1.stringオブジェクトの生成 2.元となる文字列の指定 3…

詳細を見る