Just another WordPress site

カテゴリー:未分類

文字列内から指定文字列の位置を調べる

2016.06.03

文字列内から指定文字列の位置を調べる StringクラスのIndexOfメソッドを使うことで文字列の中から指定した文字列の位置を調べることが出来ます。 1.stringオブジェクトの生成 2.元となる文…

詳細を見る

テーブル名の一覧を取得する

2016.06.03

テーブル名の一覧を取得する SqlDataAdapterオブジェクトを使うと、テーブル情報などのスキーマ情報を取得出来ます。 1.SqlConnectionオブジェクトの生成 2.接続文字列の指定 3.SQLコマンド…

詳細を見る

クラスのイベントを定義する

2016.06.03

クラスのイベントを定義する クラスのイベントとはユーザーの操作やプログラムの処理が発生した場合などにそれらを通知する処理を指します。 イベントの通知は次のような手順で行います。 public del…

詳細を見る

ファイルの末尾かどうかを判別する

2016.06.03

ファイルの末尾かどうかを判別する StreamReaderクラスのPeekメソッドを使用することで、ファイルの末尾であるかどうかを判別することができます。 System.IO.StreamReader…

詳細を見る

C#プログラムの基本構造

2016.06.03

C#プログラムの基本構造 C#プログラムを行う上で基本となる構造は下記のようになります。 namespace SampleName { using System; c…

詳細を見る

テーブルにレコードを追加する

2016.06.03

テーブルにレコードを追加する SqlCommandオブジェクトを作成し、ExecuteNonQueryメソッドを使うと、 データベースにレコードを追加出来ます。 1.SqlConnectionオブジェクトの生成 …

詳細を見る

文字列に指定した文字列を挿入する

2016.06.03

文字列に指定した文字列を挿入する StringクラスのInsertメソッドを使うことで文字列へ指定した文字列を挿入することが出来ます。 1.stringオブジェクトの生成 2.元となる文字列の指定 3…

詳細を見る

構造体を定義する

2016.06.03

構造体を定義する 構造体とはstructキーワードを用いて変数やプロパティ、メソッドなどを一つの集合体として定義できるデータ型です。 構造体は次のように定義します。 [アクセス修飾子] struct…

詳細を見る

クラスのイベントハンドラーを定義する

2016.06.03

クラスのイベントハンドラーを定義する クラスでイベントを発生させた時その通知を受け取るための処理を行う必要があります。 この時に受け取り手となるのがイベントハンドラーです。 まずはじめにイベントハン…

詳細を見る

テキストファイルから一行ごとに読み取る

2016.06.03

テキストファイルから一行ごとに読み取る StreamReaderクラスのReadLineメソッドを使用することで、開いたテキストファイルを一行ずつ読み取ることができます。 System.IO.Stre…

詳細を見る