Just another WordPress site

C#プログラムの基本構造

2016.06.03

C#プログラムの基本構造

C#プログラムを行う上で基本となる構造は下記のようになります。


namespace SampleName 

{

   using System;

   

   class SampleClass 

   {



       public static void Main() 

       {

           Console.Write("Hello,World!n");

       }



   }

}

上記プログラムを実行するとDOS画面上に"Hello,World!"の文字が表示されます。

それぞれnamespaceのキーワードで定義されたSampleNameを名前空間、usingキーワードで指定されたSystemをライブラリ、

classキーワードで定義されたSampleClassをクラス、そのクラス内に定義されたpublic static void Main()がメソッドとなります。

この項ではそれぞれの詳細は述べませんが、これがC#プログラムの基本構造となります。

また、C#ではGUI(Graphical User Interface)と呼ばれるアプリケーションを使用するユーザが画面上で視覚的に作業を行うことを目的としたプログラムも処理することができます。

ここでは詳細については紹介しませんが以下に例を挙げます。


namespace SampleName 

{

   using System;

   using System.Windows.Forms;

   using System.Drawing;



   

   class SampleClass : Form 

   {

       Button button;



       SampleClass() 

       {

           this.Text = "SampleClass";

           this.ClientSize = new Size(300,300);



           this.button = new Button();

           this.button.Location = new Point(108, 108);

           this.button.Name = "button";

           this.button.Size = new Size(75, 23);

           this.button.TabIndex = 0;

           this.button.Text = "button";

           this.button.Click += new System.EventHandler(this.button_Click);

           this.Controls.Add(this.button);

       }



       private void button_Click(object sender, EventArgs e)

       {

           MessageBox.Show("Hello,World!");

       }



       public static void Main() 

       {

           Application.Run(new SampleClass());

       }



   }

}

上記のプログラムを実行すると今度はウィンドウが表示されウィンドウ内のボタンをクリックすることで"Hello,World!"の文字が表示されます。

関連記事