Just another WordPress site

音声ファイルを使用する

2016.06.03

音声ファイルを使用する

Waveファイルを再生するにはSoundPlayerオブジェクトを使用します。

SoundPlayerオブジェクトにはWaveファイルを再生する方法が三通りあります。

SoundPlayerオブジェクト.PlaySync();

SoundPlayerオブジェクト.Play();

SoundPlayerオブジェクト.PlayLoop();

PlaySyncメソッドは再生が終了するまで待機状態になり、その間ユーザーインターフェイスはロックされ何もできなくなります。

Playメソッドはバックグラウンドで実行され、再生が開始された後も処理が続行されます。

PlayLoopメソッドはPlayメソッドと同様バックグラウンドで実行されるメソッドですが、こちらは音源が終わるとまた開始位置へと戻って再生が再開されます。

SoundPlayerオブジェクト.Stop();

上記のStopメソッドによりPlayメソッドとPlayLoopメソッドを終了することができます。

System.Media.SoundPlayer sound = null;



private void button1_Click(object sender, EventArgs e)

{

   if (true == System.IO.File.Exists("./music.wav")) 

   {

       sound = new System.Media.SoundPlayer("./music.wav");



       sound.Play();

   }

   else

   {

       MessageBox.Show("music.wavは存在しません。");

   }

}



private void button2_Click(object sender, EventArgs e)

{

   if (null != sound) 

   {

       sound.Stop();

       sound.Dispose();

       sound = null;

   }

   else {

       MessageBox.Show("music.wavは再生されていません。");

   }

}

関連記事