Just another WordPress site

接続確立までの待機時間を取得、変更する

2016.06.03

接続確立までの待機時間を取得、変更する

SqlConnectionオブジェクトのConnectionTimeoutプロパティを使うと、

データベースの接続確立までの待機時間を取得出来ます。

SqlConnectionオブジェクトのConnectionStringプロパティを使うと、

データベースの接続確立までの待機時間を変更出来ます。

1.SqlConnectionオブジェクトの生成

2.接続文字列の指定

3.Openメソッドで接続

4.Closeメソッドで接続終了

SqlConnectionオブジェクトのConnectionTimeoutプロパティは読み取り専用なので、

待機時間を変更するには、接続文字列に指定する必要があります。

待機時間は、キーワード「Connect Timeout」または「Connection Timeout」に秒単位で指定します。

デフォルトは15秒となっています。


using Systm.Data SqlClient;



// 待機時間を取得して表示

private void button1_Click(object sender, EventArgs e)

{

    SqlConnection connection = new SqlConnection();



    connection.ConnectionString = "Persist Security Info=False;"

        + "Integrated Security=SSPI;Database=Sample_DB";



    MessageBox..Show("待機時間:" + connection.ConnectionTimeout.ToString() + "秒");

}



// 待機時間を変更して表示

private void button2_Click(object sender, EventArgs e)

{

    SqlConnection connection = new SqlConnection();



    connection.ConnectionString = "Persist Security Info=False;"

        + "Integrated Security=SSPI;Database=Sample_DB;

        + "Connect Timeout = 30");



    MessageBox.Show("待機時間:" + connection.ConnectionTimeout.ToString() + "秒");

} 

関連記事