Just another WordPress site

接続先サーバーのバージョンを取得する

2016.06.03

接続先サーバーのバージョンを取得する

SqlConnectionオブジェクトのServerVersionプロパティを使うと、接続先サーバーのバージョンを取得出来ます。

1.SqlConnectionオブジェクトの生成

2.接続文字列の指定

3.Openメソッドで接続

4.Closeメソッドで接続終了

ServerVersionプロパティの値は、メジャーバージョン(最初の2桁)、

マイナーバージョン(次の2桁)、リリースバージョン(最後の4桁)、という順で表示されます。


using Systm.Data SqlClient;



private void button1_Click(object sender, EventArgs e)

{

    SqlConnection connection = new SqlConnection();



    connection.ConnectionString = "Persist Security Info=False;"

        + "Integrated Security=SSPI;Database=Sample_DB";



    try

    {

        connection.Open();

              MessageBox..Show("接続先サーバーのバージョン:" + connection.ServerVesion);

              connection.Close();

    }

    catch (Exception ex)

    {

        MessageBox.Show(ex.Message, "Sample_DBに接続出来ませんでした。");

    }

}

関連記事