Just another WordPress site

型変換を行なう

2016.06.03

型変換を行なう

プログラムを組む上で注意しなければならないことの一つとして型変換が挙げられます。

型変換は明示的に行う場合だけでなく暗黙的に行われる場合もあります。

C#では暗黙的な型変換はほとんど行われる事はありませんが、int、uint、longからfloat、longからdoubleへの型変換など有効桁数が落ちる場合があるため注意する必要があります。

データ型 変数名 = (データ型)変数名

データ型.Parse(数字);

変数名.ToString();

上に挙げたものはそれぞれが明示的な型変換となります。

これらを実際に使用した場合以下のようになります。


private void button1_Click(object sender, EventArgs e)

{

   double a = 5.125;



   //暗黙的な型変換

   int x = 10;

   long b = x;



   //明示的な型変換

   int c = (int)a; //桁落ち



   string str = c.ToString();



   int d = int.Parse(str);



   //Convertクラスによる型変換

   decimal f = Convert.ToDecimal("1.4142");

   float g   = Convert.ToSingle("1.4142");

   double h  = Convert.ToDouble("1.4142");

   short i   = Convert.ToInt16("5");

   long j    = Convert.ToInt64("5");

   ushort k  = Convert.ToUInt16("5");

   uint l    = Convert.ToUInt32("5");

   ulong m   = Convert.ToUInt64("5");



   /* メッセージウィンドウで表示します。 */

   MessageBox.Show("a:" + a.ToString() + "n" +

                   "b:" + b.ToString() + "n" +

                   "c:" + c.ToString() + "n" +

                   "d:" + d.ToString() + "n" +

                   "f:" + f.ToString() + "n" +

                   "g:" + g.ToString() + "n" +

                   "h:" + h.ToString() + "n" +

                   "i:" + i.ToString() + "n" +

                   "j:" + j.ToString() + "n" +

                   "k:" + k.ToString() + "n" +

                   "l:" + l.ToString() + "n" +

                   "m:" + m.ToString() + "n" +

                   "str:" + str);

}

関連記事